ニュースリリース 2010年

液晶ポリマーフィルム<ベクスター>の新規銘柄二種類を開発
~耐熱性に優れた“CT-Z”フィルムと、光反射性に優れた“FB”フィルム~

2010年1月13日
株式会社クラレ

株式会社クラレ(社長:伊藤文大、本社:東京都千代田区、以下「クラレ」)はこのたび、液晶ポリマーフィルム<ベクスター>の新規銘柄として、耐熱性に優れた“CT-Z”フィルムと、光反射性に優れた“FB”フィルムを開発し、販売を開始しました。

<ベクスター>は、クラレが独自の製膜技術により開発した液晶ポリマーフィルムで、電気特性、高周波特性、耐熱性、寸法安定性に優れ、さらに低吸湿性であることから、電子回路基板用の絶縁材料、特に高速伝送フレキシブル回路基板向けを中心に展開しています。近年、パソコンやデジタルカメラなどの分野における電子情報の伝送速度の高速化に伴い、大容量・高速処理が可能な高周波領域向けの回路開発が進められています。

このたび開発した<ベクスター>の二種類の新規銘柄は、高周波領域での電気特性に加えて、従来タイプと比較して、高い耐熱性や光反射性などの特性を兼ね備えたものです。

1.“CT-Z”フィルムについて

“CT-Z”フィルム使用回路基板への手ハンダ作業

“CT-Z”フィルムは、市販液晶ポリマーフィルムの中で最高レベルの耐熱性を持つフィルムです。高周波領域での電気特性などの特長から、フレキシブル回路基板や多層回路基板の絶縁材に適した素材です。さらにその優れた耐熱性により、従来の銘柄では困難であった高温ハンダごてを使った手作業によるハンダ付け・修正(リペア)への対応を可能としており、さらなる用途拡大が期待されます。

2.“FB”フィルムについて

“FB”フィルム使用の白色・青色LED回路基板

“FB”フィルムは、優れた光反射性を持つフィルムです。鉛フリーハンダを用いた自動ハンダ付け工程に対応する耐熱性を持ちながら、市販液晶ポリマーフィルムの中で最高レベルの光反射性を兼ね備えています。さらに熱による光反射性の劣化が非常に小さいため、白色LED基板用途に適した素材としてマーケティングを進めてまいります。

なおクラレは、東京ビックサイトで開催される展示会「先端電子材料EXPO」(会期:2010年1月20日~22日)へ出展し、“CT-Z”フィルム、“FB”フィルムを紹介する予定です(ブースNo.東24-002)。

“CT-Z”フィルムの物性…<ベクスター>従来銘柄との比較

  “CT-Z”フィルム
(新規開発銘柄)
従来銘柄
“CT-V”フィルム
備考
耐熱性(50μm)
 手ハンダ耐熱性(℃)(ハンダごて設定温度)
 ハンダフロート耐熱性(℃)

380
350

350
320

クラレ法、10秒
JIS法、60秒
  • 上記データは代表値であり保証値ではありません

“CT-Z”フィルムの特長と想定用途

【特長】

  • <ベクスター>シリーズの優れた諸特性を保持。
  • 優れた耐熱性により、高温ハンダごてを使った手作業によるハンダ付け・修正(リペア)に対応可能。
  • <ベクスター>シリーズの低融点フィルムと組み合わせて、オール液晶ポリマー製の多層回路基板の絶縁材(コア材)用途に適しています

【想定用途】

  • パソコン、サーバー、携帯電話、情報家電などに使用される高速伝送および高周波対応の各種回路基板、フレキシブル回路基板および多層回路基板

“FB”フィルムの物性…<ベクスター>従来銘柄との比較

  “FB”フィルム
(新規開発銘柄)
従来銘柄
“CT-S”フィルム
備考
光反射率(50μm)
 状態(%)
 150℃×1000時間後(%)
 200℃×4時間後(%)

80
80
80

70
70
70
光の波長:
470nmを測定
耐熱性(50μm)
 手ハンダ耐熱性(℃)(ハンダごて設定温度)
 ハンダフロート耐熱性(℃)

315
300

320
290

クラレ法、10秒
JIS法、60秒
  • 上記データは代表値であり保証値ではありません

“FB”フィルムの特長と想定用途

【特長】

  • <ベクスター>シリーズの優れた諸特性を保持。
  • 高い光反射性。
  • 熱による光反射性の劣化が非常に小さい。
  • 鉛フリーハンダを用いた自動ハンダ付け工程に対応可能。

【想定用途】

  • 白色LED基板
  • 照明、携帯電話、情報家電、パソコン、サーバーなどに使用される高速伝送および高周波対応の各種回路基板、特にフレキシブル回路基板

以上