kuraray 株式会社クラレ


組織・拠点

07年度に置かれた開発・技術管掌の下、「技術・経営資源の一元的統括」、「重要テーマへの研究開発資源の傾斜配分」など、新事業の事業化加速に向けて、「選択と集中」を進め、効率的かつ効果的な研究開発の実現を進めています。

「研究開発本部」では新事業創出の視点からテーマを選択するとともに、積極的に外部資源を活用し新事業創出をより加速させます。

研究開発本部

研究活動は「くらしき研究センター」、「つくば研究センター」、「Kuraray Research & Technical Center USA」において進められます。さらに、光学、電材、環境事業については、マーケティング機能と一体とした開発体制とし、新事業創出を加速するとともに探索活動、基盤技術の強化を進めています。

各研究部署との連携による次世代テーマの創出を図るために、企画管理部およびクラレグループ全体の知的財産機能を担う知的財産部があります。

[研究開発本部]企画管理部、市場開発部、知的財産部、くらしき研究センター(合成研究所、酢ビ系高分子研究所、構造・物性研究所、電池材料研究所)、つくば研究センター(高分子材料研究所、成形・加工研究所、フィルム・シートプロジェクトチーム、光学材料開発グループ)、電材事業推進部(倉敷事業所機能製品開発部、西条事業所電材生産開発部)、成形部材料事業推進部(鹿島事業所成形部材生産開発部)、オープン・イノベーション推進部

拠点紹介

技術本部

価値のある独自の製品を世の中に提供するためには、それを生み出す生産技術の開発が不可欠です。生産技術開発は、「技術開発センター」において、研究所や各事業所と連携しながらクラレグループ全体の生産技術開発を推進しています。

[技術本部]企画管理部、海外技術統括部、設備技術統括部(設備技術グループ、エンジニアリンググループ)、動力統括部、技術開発センター(化学プロセス開発グループ、成形技術開発グループ)

拠点紹介