kuraray 株式会社クラレ


<ロンウェーブ>

どうして<ロンウェーブ>は暖かいの?

更新日:2003/9/17

どうして<ロンウェーブ>は暖かいと評判なのでしょう?

それは一言でいうなら、遠赤外線を放射する繊維だからなんですよ。<ロンウェーブ>は、遠赤外線の放射率が高いセラミックスをポリエステルに練り込んだ繊維。このセラミックスには、人体が吸収しやすい8~16ミクロンの遠赤外線を放射するものを選んで使っています。

遠赤外線って、セラミックスから放射されるんですか?

ええ。セラミックスからだけでなく、地球上のあらゆる物質から遠赤外線は出ているんです。実はあなたの体からも出ているんですよ。

本当ですか?ところで、遠赤外線って言葉では知っているんですが、その正体は?

<ロンウェーブ>イメージ

図のように、人の体は水やたんぱく質などの高分子で構成されていて、体の中で常に分子運動をしています。そこに遠赤外線が吸収されると、振動エネルギーとなって体の中の分子を激しく振動させるのです。その結果、摩擦熱が生じて「暖かい」と感じるんですよ。だから、ヒトと同じ水とたんぱく質で構成されている魚を、遠赤外線を放射するグリルコンロで焼くとマイルドにおいしく焼きあがるんですって。

なるほど。ところで<ロンウェーブ>の開発には、どんな苦労があったのですか?

開発担当者によると、ポリエステルに練りこむため、
(1)8~16ミクロンの遠赤外線を効率よく発射する白色セラミックスを探すこと
(2)セラミックスを微粉末にすること
(3)安全性の高い物質を選ぶこと
(4)暖かさを客観的に証明すること、などに苦労したと聞いています。

'97年9月に、通産省(現 経済産業省)の外郭団体である(社)遠赤外線協会から「蓄熱・保温」分野の素材として第1号の認定を受けたそうですね。

はい。<ロンウェーブ>の良さが認められたことはとてもうれしいですね。これからもどんどん愛用者が広がるよう努力しています。

  • <ロンウェーブ>はクラレの商標です