kuraray 株式会社クラレ


<クラフレックス>

<クラフレックス>は、織編しないでどうして布になるの?

更新日:2003/9/17

不織布って、簡単にいうとどんなものなんでしょうか?

「クラフレックス」イメージ

不織布とは、文字どおり織ったり編んだりしていない布のことで、簡単にいうと繊維を絡ませたシートなんです。<クラフレックス>は短繊維をカードという細かい櫛がついたロールでほぐし、一定方向にムラなく並べて層にしてから、バラバラにならないように固定化したものなんですよ。

どうやって繊維同士をくっつけるんですか?

層状になった繊維のシートに加工を施します。代表的な例をあげると、(1)接着剤をつける(ケミカルボンド)、(2)勢いよく放った細かい針のような水で繊維同士を絡ませる(スパンレース)、(3)熱風をあてて繊維の一部を溶かして融着させる(サーマルボンド)、(4)凹凸がついたロールに熱と圧力をかけて圧着模様をつける(エンボスボンド)などです。これらの方法で、繊維同士をくっつけてバラバラにならないようにします。また、組み合わせて生産することもあります。例えば(2)と(1)、(2)と(3)などです。

なるほど。だから<クラフレックス>は、織編しなくてもバラバラにならないんですね。では織物やニットと比べて、<クラフレックス>の特徴は何でしょうか?

<クラフレックス>は強度が小さいものの、繊維を撚って糸にする工程がないので、織物やニットより生産性が高くてソフトな風合いで、切り口がほつれ難いことが特徴です。多くは使い捨て分野で使われていますね。例えば、横柄模様の業務用ふきん「カウンタークロス」、ウェットティッシュ、工業用ワイパーなどに使われています。

クラレの不織布事業の特徴は?

比較的軽い不織布の製造を得意としています。原綿から一貫した生産ができるという強みがあります。これにより、特殊原綿による機能性不織布の開発も可能です。

ところで、抗菌防臭加工を施した「カウンタークロス」が、繊維製品新機能評価協議会(SEK)から認定を受けているそうですね。

はい。「繊維上の菌の増殖を抑制し、防臭効果を示す」ことが認められ、他社に先駆けてSEKマークを取得しました。これからも「カウンタークロス」をはじめとして、<クラフレックス>が幅広く使われるよう頑張っていきます。

  • <クラフレックス>はクラレの商標です。