TOPへ戻る

kuraray Noritake

医療機関等との透明性に関する指針

医療機関等との透明性に関する指針

クラレノリタケデンタル株式会社(以下「当社」といいます)は、日本医療機器産業連合会(以下、医機連)が定める「倫理綱領」「企業行動憲章」「医療機器プロモーションコード」及び、医療機器業公正取引協議会の定める「医療機器業公正競争規約」とそれらの精神に従い、事業活動を行っております。 今般、当社は医機連が定める「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」に基づき、本指針を策定いたしました。今後、当社は本指針に基づき、以下の通り医療機関等との関係に関する情報を公開することとします。

公開方法

当社のウェブサイト等を通じて、前年度分の医療機関等への支払い資金について、決算終了後の適切かつ可能な時期に公開します。

注)1. 金額は消費税抜きで表示しています。
  2. 2015年度につきましては、各公開対象を合計金額にて開示しています。

公開対象項目及び該当金額(2015年度)

  1. 研究費開発費等 7,222,222円
  2. 学術研究助成費 14,327,780円
  3. 原稿執筆料等 16,505,494円
  4. 情報提供関連費 29,155,818円
  5. その他の費用 6,253,958円

参考)
「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」は以下のウェブサイトで公開されています。

日本医療機器産業連合会ウェブサイト「企業倫理・プロモーションコード・透明性ガイドライン」
http://www.jfmda.gr.jp/promotioncode/