将来就きたい職業

2014年版
新小学1年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」

2014年4月3日

子どもたちの憧れは、男の子「スポーツ選手」、女の子「パン・ケーキ・お菓子屋」
~男の子「警察官」人気高まる、女の子「女医」志望が増加~

ランドセル素材などに幅広く使用される人工皮革<クラリーノ>を製造・販売する化学メーカーの株式会社クラレ(本社:東京都千代田区、社長:伊藤文大)は、この春小学校に入学する子どもとその親にアンケートを行い、「将来就きたい職業」「就かせたい職業」を調査しました。

子どもたちが夢見る職業の1位は、調査開始以来16年連続で男の子「スポーツ選手」、女の子「パン・ケーキ・お菓子屋」となっています。親が子どもに就かせたい職業の第1位は、男の子「公務員」、女の子「看護師」です。親の調査では、男女ともに安定性を求める傾向が強いものの、男の子で「消防士」、女の子で「保育士」といった子どもの希望と共通した職業への関心も高まっているようです。

調査結果より

【男の子】編

  • 「スポーツ選手」16年連続トップ/根強いヒーロー人気/「警察官」過去最高の支持率/男子も“パティシエ” (2頁)
    <6年生> 理工学系への関心高く

【女の子】編

  • 「パン・ケーキ・お菓子屋」16年連続トップ/“女医”が“白衣の天使”を逆転/“アイドル”人気続く/「保育士」2年連続ベスト3 (3頁)
    <6年生> 身近な存在「教員」「保育士」に憧れ

【男の子の親】編

  • 1位は「公務員」/「スポーツ選手」初の3位/「消防士」「薬剤師」人気定着 (4頁)
    <6年生の親> 安定性を求める傾向

【女の子の親】編

  • 「看護師」17年連続トップ/ 「保育士」「薬剤師」が人気 (5頁)
    <6年生の親> 「教員」ダントツ1位、医療関係へも関心高く

【スポーツ選手】編

  • 男子「野球」復活の兆し/ 女子「フィギュアスケート」人気高まる (6頁)

調査概要

1. 小学1年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」

調査対象 2014年に小学校に入学する子どもとその親
調査方法 <クラリーノ>製ランドセルを購入した方にアンケートはがきを配布。
子どもの「就きたい職業」と親の「就かせたい職業」を各1つ記入していただき郵送により回収。
サンプル 有効回答(2013年12月31日時点)を抽出し、回答内容を集計。
⇒子ども4,000人(男女各2,000人)、その親4,000人
  • 小学1年生の調査は1999年から2014年まで16回目、親の調査は1992年から2014年まで23回目。

2. 小学6年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」

調査対象 2014年に小学校を卒業する子どもとその親
調査方法 使い終わったランドセルをアフガニスタンに寄付するクラレの国際社会貢献活動「ランドセルは海を越えて」のインターネット応募サイトでアンケートを実施。
サンプル 有効回答(2014年2月28日時点)を抽出し、回答内容を集計。
⇒子ども(男の子137人、女の子164人)、その親(男の子108人、女の子136人)
  • 小学6年生とその親の調査は、2012年から開始して3回目。
  • 男の子編
  • 女の子編
参考資料

新小学1年生:1999年(調査開始年)、2004年(10年前)、2009年(5年前)~2014年(今年)
新小学1年生の親:1992年(調査開始年)、2004年(10年前)、2009年(5年前)~2014年(今年)