kuraray 株式会社クラレ


環境報告

環境への取り組み

環境マネジメント

クラレグループは「素材・中間材メーカーであるクラレの使命は、低炭素社会・低環境負荷社会構築に求められる製品に必須の素材・中間材を提供することによる貢献であり、その素材・中間材をできるだけ低い環境負荷で製造、提供することである。」と考え、地球温暖化対策の推進、化学物質の排出管理、廃棄物の有効利用などの環境保全活動に継続して取り組んでいます。

【ご注意】
会計年度変更に伴い、本レポートにおける環境関連データはグラフも含め次の通りとなっています。
  • 2013年度以前:4月-3月の12ヶ月実績
  • 2014年度 :4月-12月の9ヶ月実績+2014年1月-3月実績(または推定値)( 2013年度と重複しています)
  • 2015年度以降(参考):1月-12月の12ヶ月実績

環境マネジメントシステム

クラレグループは「クラレグループ地球環境行動指針」「環境活動方針」を定めています。さらに「クラレ環境活動マネジメント規定」に基づき、各事業所・関係会社と本社間のP(計画)D(実行)C(点検・評価)A(処置・改善)サイクルを回して継続的改善を図っています。また、各事業所・関係会社においてISO14001の認証を取得し、各々のPDCAサイクルを回して環境保全活動を進めるとともに、2018年9月が移行期限のISO14001;2015年度版への移行作業に計画的に取り組んでいます。

環境目標と実績

評価 ★★★:計画を上回る ★★:ほぼ計画通り ★:さらに取り組みが必要

対象範囲 2016年度 2017年度目標 環境中期目標
(2020年度達成目標)
評価
目標 実績
地球温暖化防止 国内
グループ
【GHG※1排出量削減対策量】
排出量削減対策量;
20千トン以上(対前年度比)
【GHG排出量削減対策量】
10千トン(対前年度比)
【環境効率(GHG排出量)】
2010年度対比 5.1%向上
【GHG排出量削減対策量】
12千トン以上
(対前年度比)
【環境効率(GHG排出量)】
2010年度対比
40%向上
さらに取り組みが必要
海外関係会社 【環境効率
(エネルギー使用量)※2
2010年度対比 6%向上
【環境効率(エネルギー使用量)】
2010年度対比 6.5%低下
【環境効率(エネルギー使用量)】
2010年度対比 7%向上
【環境効率(エネルギー使用量)】
2010年度対比 10%向上
さらに取り組みが必要
化学物質の排出管理 国内
グループ
【日化協PRTR物質排出量】
2010年度排出量
(1,104トン)以下の維持
【日化協PRTR物質排出量】
957トン
【環境効率(日化協PRTR物質排出量)】
2010年度対比 26.7%向上
【日化協PRTR物質排出量】
2010年度排出量
( 1,104トン)以下
の維持
【環境効率(日化協PRTR物質排出量)】
2010年度対比 100%向上
ほぼ計画通り
廃棄物の有効利用 国内
グループ
【廃棄物の発生量削減対策量】
削減対策量;
2015年度発生量の1%相当分(832トン)以上
【廃棄物の発生量 削減対策量】
1,400トン
【環境効率(廃棄物発生量)】
2010年度対比 9.0%低下
【廃棄物の発生量 削減対策量】
2016年度発生量の1%相当分
(900トン)以上
【環境効率(廃棄物発生量)】
2010年度対比 10%向上
ほぼ計画通り
海外関係会社 【環境効率(廃棄物発生量)】
2010年度対比 6%向上
【環境効率(廃棄物発生量)】
2010年度対比 41.7%低下
環境効率
(廃棄物発生量)
2010年度対比 7%向上
【環境効率(廃棄物発生量)】2010年度対比 10%向上 さらに取り組みが必要
水資源の有効利用 国内
グループ
- - 国内クラレグループの立地条件に鑑み、当面は数値目標の設定はしないが、できる限りの節水に努めながら水使用量の定量管理を継続する。 -
海外
関係会社
【環境効率(水使用量;海水除く)】
2010年度対比 6%向上
【環境効率(水使用量;海水除く)】
2010年度対比 40.8%低下
【環境効率( 水使用量;海水除く)】
2010年度対比 7%向上
【環境効率 ( 水使用量;海水除く)】2010年度対比 10%向上 さらに取り組みが必要
  • ※1 温室効果ガス(Greenhouse Gas)
  • ※2 海外関係会社は電力・蒸気のほとんどを外部購入しています。温室効果ガス排出量は供給元の影響(排出係数)を大きく受けることから、海外関係会社の環境保全活動を適正に評価するため、供給元の影響を受けない「エネルギー使用量」で評価することとしています。
クラレグループ地球環境行動指針
基本方針

地球環境、地域社会と調和した事業活動を通じて、次世代への責任を果たしていきます。この基本方針を実践するために、以下の活動を行います。

  1. 環境と安全を最優先課題として事業活動を行う。
  2. 永続性のある地球環境改善活動を行う。
  3. 地球環境改善に貢献する技術、商品の開発を行う。
2016年度環境安全センター方針

環境マネジメントシステムに則った環境保全及び環境改善活動を推進し、法的要求事項を遵守するとともに、環境中期目標達成に向けて環境負荷の継続的な改善に取り組む。

環境中期計画とその見直し

クラレグループでは2010年度を基準年度、2020年度を目標年度とする「環境中期計画」を策定し、2011年度から活動に取り組んでいます。環境中期計画においては、「環境効率」という指標を導入し、活動成果を数値評価できるようにしており、目標は上記図表の通りです。

しかし、海外における大型のM&Aによる新たな事業の編入等により、計画策定当時と事業環境が大きく変化したため、環境効率を指標とした評価では現場の環境改善活動が反映されにくくなっており、評価指標を含め、目標値を見直す必要が出てきました。2017年度中に国内グループ、海外関係会社を含めた新たな評価指標と目標値を設定し、2018年度からの次期中期経営計画に合わせ、見直した計画で活動します。

環境効率=売上高/環境負荷
環境負荷;GHG排出量、化学物質排出量、廃棄物発生量、等製造工程でのGHG排出量等を削減した場合でも、事業活動が拡大すると排出量の絶対値は増加するため、削減努力が適正に評価されなくなります。そこで売上高と環境負荷を組み合わせた“いかに効率的に生産活動を行ったか”を評価する指標として「環境効率」を導入し、この環境効率を向上させていくことを目標として掲げています。

事業活動のマテリアルフロー

クラレグループは事業活動の中で多くのエネルギー、化学物質および水資源などを使用しています。毎年投入した資源、排出物質を定量的に把握し、事業活動に伴う環境負荷を低減するために役立てています。

マテリアルフロー(国内グループ)