kuraray 株式会社クラレ


クラレCSRレポート2017

クラレは1926年、レーヨンの企業化を目的に設立されました。1950年には世界で初めて合成繊維ビニロンの工業化に成功。その後、高分子化学・合成化学の独自技術をベースに、ポバール、<エバール>、イソプレンをはじめ高機能樹脂、化学品分野で社会に有用な製品の開発、事業化に挑戦し続けてきました。
一方、創業者大原孫三郎、2代目社長大原總一郎は、事業の拡大のみならず、大原美術館や倉敷中央病院、石井記念愛染園、労働科学研究所などの社会事業の設立、運営にも力を注ぎました。これらの施設や機関は、いまなお、社会への貢献を続けています。クラレは、これらの事業への協力・支援を継続するとともに、少年少女化学教室や知的障害者のための作業所、「ランドセルは海を越えて」等の企業として実施できる活動を通して、社会的な課題に取り組んでいます。

トップステートメント

クラレグループのCSR

安全報告

環境報告

社会性報告

マネジメント報告