kuraray 株式会社クラレ


ごあいさつ

代表取締役社長 伊藤 正明

クラレは当時の先端技術であった人造絹糸レーヨンを企業化することを目的に1926年に創立されました。また、第二次世界大戦後の1950年には、我が国初の技術による合成繊維として世界に先駆けてPVA(ポバール)繊維ビニロンの工業化に成功し、日本における化合繊産業の草創期を切り開きました。

ビニロンの工業化は、戦後のわが国の壊滅的な経済事情に対して「国産技術と国内資源(石灰石、水力発電)を活用して繊維を生産し、国民生活の復興に貢献する」という社会的な使命感の下に進められ、国の育成事業にも指定されました。その後、ビニロンは汎用分野でポリエステル等に道を譲りましたが、現在では産業資材やアスベスト代替向けの機能繊維として独自の地歩を固めています。レーヨンとビニロンの工業化を通してクラレが蓄積したものは技術や利益だけではありません。それは、「世のため人のため」に「他人(ひと)のやれないことをやる」という社会的責任と独自技術を追求する文化でした。

この企業文化はその後、高分子・合成技術をベースにした高機能繊維、樹脂、化学品分野への業容拡大の推進力となり、1958年に進出したポバールの工業分野では、接着剤、紙加工剤、樹脂安定剤等の用途を開拓し世界をリードしているほか、1965年に人工皮革<クラリーノ>を、1970年には天然ゴムと同じ構造を持つ合成イソプレンの工業化に世界で初めて成功し、世界のパイオニアとして活躍しています。また、ポバールの開発から派生し1972年に世界で最初に工業化したEVOH樹脂<エバール>はあらゆる樹脂の中で最高レベルのガスバリア性を有しており、食品包装・容器用途、および自動車の燃料タンク用途で世界中に革命を巻き起こしました。さらに、ポバールを原料としたポバールフィルムは偏光性、透明性等の光学特性を活かし、液晶用偏光膜に不可欠の材料となっています。

クラレはこの他にも熱可塑性エラストマー、医農薬中間体、香粧品等のイソプレン誘導製品、歯科材料、活性炭、<マジックテープ>等、ユニークな事業を多角的に展開するとともに、メタクリル樹脂、不織布、ポリエステル繊維等の汎用製品の領域でも差別化された製品展開に注力しています。その結果、トップシェアを誇る独自製品群の売上は全体の50%を超えています。海外売上高は60%ですが、2014年に米国デュポン社より買収したビニルアセテート関連事業が加わることで、さらに比率が向上しました。

2018年からは、長期ビジョン最初の3年間の指針として、新たな中期経営計画「PROUD 2020」をスタートさせました。クラレ独自の技術をベースにして内外にある新しい技術や力を活用し、強いコア事業はさらに強く大きくしていく一方で、成長を期待する事業は独創性の高い新しい技術による規模拡大や、新事業・新商品によるいっそうの収益拡大も図っていきます。

これからも、クラレグループは地球環境やエネルギー問題を真剣に捉え、「私たちは、独創性の高い技術で産業の新領域を開拓し、自然環境と生活環境の向上に寄与します。」という使命を果たすため、引き続き全力を挙げていく所存です。

代表取締役社長 伊藤 正明