kuraray 株式会社クラレ


事業紹介

クラレは1926年にレーヨンの企業化を目的として倉敷市に誕生しました。戦後には我が国初の国産合成繊維ビニロンを工業化したのをはじめとして、天然皮革の代替を目指して開発した人工皮革<クラリーノ>、ポリエステル繊維、不織布<クラフレックス>、面ファスナー<マジックテープ>など、相次いでユニークな繊維事業を展開してきました。

また、化学品や機能材料の分野では、水溶性や接着性に優れたポバール樹脂、高いガスバリアー性を誇る<エバール>、世界唯一の合成法によるイソプレンケミカル製品、光学特性に優れるメタアクリル樹脂、当社の独自技術を活かした歯科材料など、新領域を開拓し、積極的な事業拡大を図っています。